京セラ、独自素材「京都オパール」が レクサス RC に採用

自動車 ビジネス 企業動向
「RC」プレミアムクロック(参考画像)
「RC」プレミアムクロック(参考画像) 全 5 枚 拡大写真
京セラは、同社が開発した独自素材「京都オパール」が、レクサス『RC』のオプション「プレミアムクロックタイプL」の文字盤に採用されたことを発表した。

京都オパールは、同社が長年にわたり培ってきた宝石合成技術により実現したもの。天然オパールと同様の多彩な輝きを持つことに加え、さまざまな形状に加工することが可能なため、幅広い分野の製品に採用されている。

高級感を演出する上品かつラグジュアリーな時計の文字盤にふさわしいものとして評価され、2013年5月に発売されたレクサス『IS』に続き、今回RCでも採用となった。

《村尾純司@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 小田原市で実施する再生可能エネルギーとEVを活用した地域コングロマリッド構築の概要
  • 視覚障がい者歩行支援システム「VAシステム」、京セラが発表---体験コーナーも開設
  • “空飛ぶドローン中継局”として開発された試作機
  • CES2020のメイン会場となるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ