西武の「銀河鉄道999デザイン電車」が12月20日にラストラン

鉄道 企業動向
飯能方から見た3000系3011号編成「銀河鉄道999デザイン電車」。12月20日に引退イベントが行われる。
飯能方から見た3000系3011号編成「銀河鉄道999デザイン電車」。12月20日に引退イベントが行われる。 全 2 枚 拡大写真
西武鉄道は12月20日、「銀河鉄道999デザイン電車」のさよならイベントを実施する。

「銀河鉄道999デザイン電車」は、漫画「銀河鉄道999」の作者で、現在は池袋線沿線の大泉学園在住の松本零士さんの協力により、2009年5月から運行を開始。3000系3011号編成の車体を「銀河鉄道999」主要キャラクターである「星野鉄郎」「メーテル」「車掌」のイラストで装飾している。

イベント当日は、西武球場前駅(埼玉県所沢市)で11時から14時30分まで8両編成の3000系3011号編成が、12時30分から14時30分までは4両編成の101系1253号編成がそれぞれ展示され、記念撮影会が行われる。また、14時30分から15時までは松本零士さんとタレントの久野知美さんの司会によるさよならセレモニーが開かれる。イベント参加者のうち、先着5000人には来場記念カードが配布される。

イベントの前後には「銀河鉄道999デザイン電車」のさよなら運行も行われる。運行時刻は本川越10時02分発~西武球場前10時32分着、西武球場前15時10分発~池袋15時55分着。本川越10時02分発の乗車に際しては、乗車券や定期券など通常の切符のほか、9時15分から本川越駅2階改札外コンコースで先着1000人に配布される「特別記念運行乗車証」が必要。西武球場前15時10分発の池袋行きは通常の切符だけで利用できる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ