【ロサンゼルスモーターショー14】クライスラー 300 / 300C 改良新型、フロントフェイスを一新[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
クライスラー 300(ロサンゼルスモーターショー14)
クライスラー 300(ロサンゼルスモーターショー14) 全 22 枚 拡大写真
米国カリフォルニアで開催されたロサンゼルスモーターショー14で、米自動車大手、クライスラーグループの「クライスラー」ブランドは、『300 / 300C』の改良新型を初公開した。内外装のリニューアルを中心に、大型フロントグリル、新デザインのヘッドライトとバンパーにより、表情を一新した。

パワーユニットは3種類をラインアップ。300には最高292hp、最大36kgmの3.6リットルV6「ペンスター」エンジン。300Cでは、それを最高300hp、最大36.5kgmに向上。さらに高性能を求めるユーザー向けとして、最高363hp、最大54.5kgmを発生するV8ユニット「HEMI」が用意される。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2014/12/04/238963.html/article/2014/12/04/238962.html/article/2014/12/04/238964.html