ボルグワーナー、「2015グリーンカーオブザイヤー」車に部品供給…最終選考5台の大半

自動車 ビジネス 企業動向
BMW i3
BMW i3 全 4 枚 拡大写真
米国の大手自動車部品メーカー、ボルグワーナーは12月9日、「2015グリーンカーオブザイヤー」の最終選考に残っていた5台のうちの4台のサプライヤーだったことを明らかにした。

ボルグワーナーは、自動車用ターボチャージャー製造の大手として知られる存在。また、排出ガスをクリーンにする技術でも世界をリードしている。

2015グリーンカーオブザイヤーは2014年11月、ロサンゼルスモーターショー14で発表。アウディ『A3TDI』、BMW『i3』、ホンダ『フィット』、フォルクスワーゲン『ゴルフ』、GMのシボレー『インパラ・バイ・フューエル』の最終選考5台の中から、BMW i3が栄冠を手にしている。

ボルグワーナーはこれらの5台のうち、シボレー インパラ・バイ・フューエルを除く4台に、部品を供給。部品の種類は、EGRバルブやEGRクーラー、イグニッションコイル、4WDのカップリング、デュアルクラッチ、エンジンおよびオイルポンプ駆動用のサイレントチェーンなど、幅広い。

ボルグワーナーのジェームズRヴェリヤー社長兼CEOは、「我々の先進技術が、あらゆる種類のパワートレインの燃費、排ガス性能、パフォーマンスを向上させる」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ボルグワーナーのVTGターボチャージャー
  • ボルグワーナーのEGRモジュール
  • ボルグワーナーの高出力インテグレーテッド・ドライブ・モジュール(iDM)
  • ボルグワーナーの高性能電動ドライブモジュール「eDM」
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG

ピックアップ

Response.TV