ステルス機「F-35」の整備拠点、日本と豪州に設置へ

航空 行政
F-35Aライトニング II
F-35Aライトニング II 全 1 枚 拡大写真
防衛省は、米国政府がアジア太平洋地域でのステルス戦闘機『F-35』の整備拠点(リージョナル・デポ)を、2018年初期までに日本と豪州に設置すると発表した。

米国政府は、F-35を全世界で運用するため「北米・欧州・アジア太平洋」地域に、機体・エンジンを中心とした整備拠点を設置する。リージョナル・デポでは、F-35の機体・エンジンの分解・検査を要する整備作業を実施する予定。

今回米国政府は、エンジンの整備拠点は、2018年初期までにオーストラリアに設置し、追加的な所要に対応するため、3~5年後に日本にも設置すると防衛省に伝達した。

日本での機体のリージョナル・デポは、三菱重工業の小牧南工場(愛知県)、エンジンのリージョナル・デポはIHIの瑞穂工場(東京都)となる予定。

リージョナル・デポでの具体的な整備対象機や、整備の作業内容などについては、今後、米国政府などと調整する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 市川パーキングエリア(イメージ)
  • SUPER GT 最終戦、F-2戦闘機の歓迎フライト
  • F2-B戦闘機
  • 防衛省の浄水車
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV