ミツバ、メキシコに電装部品やブレーキ部品を製造する工場を新設

自動車 ビジネス 企業動向
ミツバ(東京モーターショー11)
ミツバ(東京モーターショー11) 全 1 枚 拡大写真
ミツバは、メキシコに四輪車・二輪車用電装部品やブレーキ部品を製造する工場を新設すると発表した。

メキシコは、日系自動車メーカーが相次いで工場を新・増設している。今回、メキシコを含む北米地域の自動車市場の拡大対応と北米地域における競争力向上を図るため、生産拠点をメキシコ・ヌエボレオン州に設立する。

四輪車・二輪車用電装部品よブレーキ部品を製造する新会社「コーポレーション・タツミ・デ・メキシコ」を新設する。資本金は1000万ドル(約12億円)で、ミツバの子会社タツミが60%、ミツバが40%出資する。工場は2016年1月から稼動する予定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 二輪用ETC車載器 MSC-61W
  • 6連覇を達成したミツバイク
  • フロントカメラ
  • ミツバサンコーワブース(東京モーターサイクルショー2019)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ