米運輸省、ホンダに罰金83億円…死傷事故の報告漏れ

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダの米オハイオ工場
ホンダの米オハイオ工場 全 1 枚 拡大写真
米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)は2015年1月8日、過去の死傷事故の報告漏れがあったホンダに対して、7000万ドル(約83億円)の罰金を科すと発表した。

この問題は、2014年11月下旬に発覚。ホンダの米国法人、アメリカンホンダが過去10年間、1729件の死傷事故をNHTSAに報告していなかった、と公表した。

米国では自動車メーカーに対して、四半期ごとに死傷事故を、当局へ報告することが義務付けられている。ホンダは報告を行っていたが、NHTSAの要請を受けて再調査した結果、過去10年間に1729件の死傷事故の報告漏れが判明した。

アメリカンホンダによると、報告漏れの理由は、コンピュータのプログラムの誤りや、入力のミスなどによるものだという。

NHTSAのアンソニー・フォックス長官は、「ホンダをはじめ、全ての自動車メーカーには、言い訳なく、安全に関して最大限の責任を負う義務がある」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヴェゼル ハイブリッドRSのフロントビュー。栃木の龍王峡にて。
  • ホンダ ヴェゼル ハイブリッドRSのフロントビュー。フェンダーアーチモールはピアノブラック光沢仕上げ。あくまでオンロード主体であることを意識させられる部分だ。
  • F1 70周年記念GP
  • ホンダ e
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ