メルセデスベンツ、GLクラスにクリーンディーゼル搭載モデルを追加

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツ・GL350ブルーテック 4マチック
メルセデスベンツ・GL350ブルーテック 4マチック 全 2 枚 拡大写真
メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツ『GLクラス』に、クリーンディーゼル搭載モデル「GL350ブルーテック 4マチック」を追加、1月22日より注文受付を開始した。

GL350ブルーテック 4マチックは、高い動力性能と環境適合性を両立したクリーンディーゼル、3.0リットルV型6気筒ブルーテックエンジンを搭載。ピエゾインジェクターを用いたコモンレールダイレクトインジェクションや電子制御式可変ターボチャージャーを採用し、最高出力258ps、最大620Nmを発生する。

また、排出ガスに尿素水溶液「アドブルー」を噴射して化学反応(還元作用)を発生させ、有害な窒素酸化物(NOx)を大幅に削減する尿素SCR(選択型触媒還元)ディーゼル排出ガス処理システム「ブルーテック」を採用し、日本のディーゼル排出ガス規制に適合する優れた環境性能を実現している。

価格は1000万円。GLクラス初の右ハンドルとなる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデス AMG GLS63 新型 スクープ写真
  • メルセデスベンツ GLS 新型(ニューヨークモーターショー2019)
  • メルセデスベンツ GLS 新型
  • メルセデスベンツ GLS 新型(ニューヨークモーターショー2019)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/01/22/242275.html/article/2015/01/22/242274.html/article/2015/01/22/242276.html