スタンレー電気の第3四半期決算、米国・中国の自動車機器売上が増加

自動車 ビジネス 企業動向
スタンレー電気(webサイト)
スタンレー電気(webサイト) 全 1 枚 拡大写真
スタンレー電気は1月28日、2014年4-12月期(第3四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高2638億2600万円(前年同期比+8.0%)、営業利益は279億6200万円(+0.3%)、経常利益は300億0600万円(+5.9%)、四半期純利益は184億6200万円(+0.5%)だった。

主力の自動車機器事業は、自動車の米国および中国、二輪車のアジアにおける売上増加により増収となったものの、営業利益は、中国の一部拠点で発生した、新規立ち上げ車種集中による生産混乱の影響、インドネシアにおけるルピア安に伴う材料費高騰等の要因により、前期比で減益となった。しかし、コンポーネンツ事業(LED、液晶等)および電子応用製品事業(LED照明製品、液晶用バックライト、ストロボ、操作パネル等)の増収増益がカバーした。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

《成瀬雄太@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ車や軽にも後付け可能なオートスライドドアキット
  • 車両周辺の凹凸や落下物を3D化して検知して、距離や状況を図る「3D Dtection System」など、光学技術を使った出展が注目されたスタンレーのブース
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • レイブリック『スライドドアオープナー』
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ