日産 スカイライン クロスオーバー、米国でリコール…ステアリングに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット
インフィニティEX(日本名:日産スカイラインクロスオーバー)
インフィニティEX(日本名:日産スカイラインクロスオーバー) 全 1 枚 拡大写真
日産自動車のSUV、『スカイライン クロスオーバー』。同車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行うことが分かった。

これは2月上旬、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。日産自動車の米国法人、北米日産から、インフィニティ『EX』(日本名:日産スカイライン クロスオーバー)に関するリコールの届け出を受けた、と公表している。

今回のリコールは、ステアリングコラムの不具合が原因。アウターチューブの真円度が不適切なため、内側のベアリングに掛かる荷重が不均一なものがあり、ベアリングが破損してハンドルの上下方向のガタが大きくなり、最悪の場合、ハンドル前後方向の固定ができなくなる可能性があるというもの。

米国でリコールの対象となるのは、2008年モデルのインフィニティ『EX35』。2007年6月下旬から、2008年4月下旬に生産された車両が該当する。また、同様の不具合により、2009年モデルのインフィニティ『FX』も、リコールされる。

北米日産では、対象車を保有する顧客に通知。販売店で、ステアリングコラム一式を交換するリコール作業を行う。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • インフィニティ QX50(ロサンゼルスモーターショー2017)
  • インフィニティQX50新型
  • インフィニティQX50コンセプト(デトロイトモーターショー2017) (c) Getty Images
  • インフィニティ QX スポーツ インスピレーション2016(パリモーターショー16)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)
  • VW T7 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/02/18/244574.html/article/2015/02/18/244573.html/article/2015/02/18/244575.html