【ジュネーブモーターショー15】アウディ R8 新型、発表…5.2リットルV10は610hp

自動車 ニューモデル 新型車
アウディ R8 新型
アウディ R8 新型 全 6 枚 拡大写真
ドイツの高級車メーカー、アウディは2月26日、新型『R8』の概要を明らかにした。実車は3月3日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー15で初公開される。

現行R8は初代モデルで、2006年に発表。アウディのフラッグシップスポーツカーが、R8。ジュネーブモーターショー15では、初代誕生からおよそ9年を経て、R8が2世代目へモデルチェンジを果たす。

初代R8の特徴でもあるアルミを使用したASF(アウディ・スペース・フレーム)構造は、2代目にも継承。新型では、アルミとCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)の複合素材を用い、さらなる軽量化を追求する。新型の最上級グレードの車両重量は1454kg。現行比で50kg軽い。

ミッドシップに搭載されるエンジンは、自然吸気の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン「FSI」の進化版のみ。現行型に用意される4.2リットルV8は、新型には設定されない。駆動方式は4WDのクワトロの最新版。トランスミッションは、7速Sトロニック。

この5.2リットルV10には、2種類のチューニングが存在。標準グレードの「R8 V10」では、最大出力540hp、最大トルク55.1kgmを発生する。0‐100km/h加速は3.5秒、最高速は323km/h。

「R8 V10プラス」では、5.2リットルV10は、最大出力610hp、最大トルク57.1kgmへ引き上げられた。0‐100km/h加速は3.2秒、最高速は330km/hと、世界屈指のパフォーマンスを実現している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディR8 Decennium(デセニウム)&RS 5 スポーツバック発表会
  • RSモデル誕生25周年の記念ロゴ。
  • アンヴェールされる「Audi R8 LMS GT2」。
  • アウディ R8 改良新型
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 開発車両スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/02/27/245291.html/article/2015/02/26/245290.html/article/2015/02/27/245292.html