ヴァレオ、運転支援システムでモービルアイ社と技術協力

自動車 ビジネス 企業動向
ヴァレオのレーザースキャナー SCALA
ヴァレオのレーザースキャナー SCALA 全 2 枚 拡大写真
仏ヴァレオ社とオランダ モービルアイ社は、運転支援システムにおいて技術協力することで合意したと発表した。

今回の合意によりヴァレオは、モービルアイのEyeQファミリーMPU(マイクロプロセッサ)とコンピュータービジョンアルゴリズムを活用し、アクティブセーフティ用単眼カメラやノンスキャンニングLEDなど、フロントカメラのソリューションとセンサーを組み合わせた製品を設計・量産化する予定だ。

さらに両社は、自動運転市場向けに、ビジョンとレーザースキャンを組み合わせた製品開発のため独占的に協力することを決定。ヴァレオのレーザースキャナー技術と、モービルアイのイメージプロセッシング技術を組み合わせ、自動運転車に向けた独自のソリューション創出を目指す。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 後方の牽引車両が透過して見えるヴァレオXtraVueトレーラー
  • エアフレームカーサイドタープ
  • ヴァレオの「スマートコクーン」
  • ヴァレオ(CES 2020)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ