三井物産、北米の大手トラックリース事業会社に資本参加

自動車 ビジネス 企業動向
PTLの拠点イメージ
PTLの拠点イメージ 全 2 枚 拡大写真
三井物産は、米国を中心に事業展開するトラックリース・レンタル事業、ロジスティクス事業に出資することで合意し、関連契約書を締結したと発表した。

同社が新設した投資子会社2社を通じて、事業運営主体であるペンスキー・トラック・リーシング(PTL)のリミテッドパートナー持分20.0%を、ゼネラル・エレクトリック・キャピタル(GECC)傘下投資子会社3社より、約7億5000万米ドル(約910億円)で取得する。

三井物産では、今回の事業参画によりトラックを活用した複合輸送サービスを広範に提供する。特にPTLの拠点がある米国では、持続的に荷動きの増加が見込まれており、三井物産は事業参画を通じ、輸送コスト低減や物流インフラの効率化による関係会社、パートナー企業の最適物流構築に取り組む方針。

今回の株式取得により、PTLの持分保有比率は、ペンスキー・コーポレーションと、ペンスキー・オートモーティブ・グループ(PAG)合計で50.1%、GECCが29.9%、三井物産が20.0%となる。

PTLは、北米でトラックのサービス付リース、法人・個人向けレンタル、保守請負事業を展開する最大手企業の一つで、豪州にもトラックレンタル・リース事業で進出している。また、子会社のペンスキー・ロジスティクスを通じて北米、南米、西欧諸国、アジアでロジスティクス事業も展開している。

PTLは、北米に展開しているネットワークを活用し、合計21万6000台のトラック、トラクター、トレーラーを保有・管理している。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 専用充電ステーション
  • 三井物産 モビリティ第一本部 交通プロジェクト部 野瀬道広部長(右)と、レイ・フロンティア 田村建士代表取締役
  • 日中第三国市場協力フォーラム、右から4人目がGCLグループの朱共山董事長、その左隣が三井物産の安永社長
  • (イメージ)
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/03/19/247016.html/article/2015/03/19/247015.html/article/2015/03/19/247017.html