ダイハツ、スマートアシスト搭載車両の累計販売台数60万台を達成

自動車 テクノロジー 安全
ダイハツ ミライース
ダイハツ ミライース 全 2 枚 拡大写真
ダイハツ工業は、同社が販売する軽乗用車に採用している衝突回避支援システム「スマートアシスト」搭載車両の累計販売台数が2015年3月時点で60万台を達成したと発表した。

スマートアシストは、2012年12月に発売した『ムーヴ』から採用を開始している衝突回避支援システム。「低速域衝突回避支援ブレーキ機能」「誤発進抑制制御機能」「先行車発進お知らせ機能」「VSC&TRC」の4つの機能で構成する。レーザーレーダーで前方の車両を検知し、低速域での衝突の危険回避や被害軽減、誤発進の抑制などを行う。

現在、ダイハツの軽乗用車では『ムーヴ』『タント』『ミラ イース』『ウェイク』の4車種に採用。スマートアシスト採用車両での搭載比率は約7割となっており、その機能と5万円という低価格で支持を集めている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ タフト
  • トヨタ・ヤリス
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ タフト
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ