PHVスポーツの フィスカー カルマ、改良へ…中国企業が予告

自動車 ニューモデル 新型車
「ザ・ニュー・フィスカー」が公式サイトで予告しているカルマの改良モデル
「ザ・ニュー・フィスカー」が公式サイトで予告しているカルマの改良モデル 全 2 枚 拡大写真
米国のベンチャー企業で、プラグインハイブリッド(PHV)スポーツカー、『カルマ』を製造・販売していたフィスカーオートモーティブ。2013年11月の破産申請後、2014年2月に同社の資産を中国企業が落札したのを受けて、新たなカルマが登場する。

2014年2月の競売において、旧フィスカーオートモーティブの資産を、中国の万向集団が落札。その万向集団が主導する形で、新たなブランド、「ザ・ニュー・フィスカー」が掲げられ、再出発が図られた。

すでに、ザ・ニュー・フィスカーは、公式サイトも立ち上げ。今回、その公式サイトが、新たなカルマの4月中の登場を予告している。

公式サイトでは、新たなカルマの真上から見た予告イメージを1点配信。予告イメージから判断する限り、外観の変更部分はないもよう。

メッセージとして、「高級感の高揚」、「エネルギーの最適化」とのキーワードが紹介されており、内装やPHVシステムに改良を加える可能性が高い。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV