【ニューヨークモーターショー15】ロールスロイス レイス「銀幕」イメージの特別モデル

自動車 ニューモデル モーターショー
ロールスロイス レイス インスパイアード・バイ・フィルム(ニューヨークモーターショー15)
ロールスロイス レイス インスパイアード・バイ・フィルム(ニューヨークモーターショー15) 全 4 枚 拡大写真
英国の超高級車メーカー、ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)は4月1日、米国で開幕したニューヨークモーターショー15において、『レイス』の「インスパイアード・バイ・フィルム」を初公開した。

同車は、ロールスロイスの最上級車、レイスの特別モデル。車名が意味する通り、「映像に触発された」特別なレイスを披露している。

レイスは2013年の発表当時、そのイメージを表現した映像、『And the World Stood Still』を製作。この映像が、「第26回国際ビジュアルコミュニケーション協会賞」の金賞に輝いた。また、優れた映画やテレビ番組を収蔵するBFI(英国映画協会)からも、保存すべき記録としての認定を受けた。

ニューヨークモーターショー15で初公開されたレイスのインスパイアード・バイ・フィルムは、レイスの映像が、これらの栄誉に輝いたことを祝福して製作。「シルバースクリーン」をイメージし、ツートンのシルバー塗装を採用。ボンネット先端には、純銀製のフードマスコットが輝く。

室内は、グレーのレザーと、アルミトリムを装備。パワートレインに変更はない。6.6リットルV型12気筒ガソリンツインターボは、最大出力624ps、最大トルク81.5kgmを引き出す。0-96km/h加速は4.4秒で駆け抜ける。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ