東武、亀戸線でスカイツリー3周年のラッピング車運行…5月1日から

鉄道 エンタメ・イベント
スタンプラリー開催にあわせて運行されるラッピング列車のイメージ。8000系2両編成1本にラッピングを施す。
スタンプラリー開催にあわせて運行されるラッピング列車のイメージ。8000系2両編成1本にラッピングを施す。 全 3 枚 拡大写真
東武鉄道は5月1日から9月30日まで、東京スカイツリータウン(東京都墨田区)のオープン3周年を記念して「下町スタンプラリー2015」を開催する。これに伴い、亀戸線でラッピング列車を運行する。

スタンプラリーはスカイツリータウン周辺の下町を巡るもの。浅草・とうきょうスカイツリー・東向島・北千住・亀戸5駅と東京スカイツリー1階オフィシャルショップ「THE SKYTREE SHOP」の計6カ所にスタンプが設置される。

駅などで配布しているスタンプ台紙を使用して3カ所のスタンプを集めると、先着1万人にオリジナルシールがプレゼントされる。また、6カ所全てのスタンプを集めると、先着2500人にオリジナルキーホルダーがプレゼントされる。

亀戸線のラッピング列車はスタンプラリー開催期間中、曳舟~亀戸間で運行。8000系電車2両編成1本の車体に、東京スカイツリー公式キャラクター「ソラカラちゃん」などのイラストが掲出される。スカイツリータウン3周年記念ロゴをデザインしたヘッドマークも先頭部に取り付ける。

《草町義和》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ