三井物産など4社、ジャカルタ南北線のシステム受注

鉄道 企業動向
三井物産など4社はジャカルタMRT南北線のシステムや軌道工事を受注した。
三井物産など4社はジャカルタMRT南北線のシステムや軌道工事を受注した。 全 2 枚 拡大写真
三井物産や東洋エンジニアリング、神戸製鋼所など4社は4月30日、インドネシアのMRTジャカルタ社から、ジャカルタ都市高速鉄道(MRT)南北線向けの鉄道システムと軌道工事を受注したと発表した。受注額は約250億円。

発表によると、三井物産がコンソーシアムリーダーとなり、東洋エンジニアリングが受配電設備や電車線、軌道、昇降機など、神戸製鋼が信号・通信設備や自動出改札システム、ホームドアなどを設計・供給する。全てのシステムの据付けは、東洋エンジニアリングの現地グループ会社「PT.Inti Karya Persada Tehnik」が行う。

南北線は、ジャカルタ南部のレバブルス(Lebak Bulus)と中心部のブンダランホテルインドネシア(Bundaran HI)を結ぶ、全長15.7kmの鉄道路線。このうち9.2kmが高架、6.5kmが地下で、インドネシア初の地下鉄になる。運営はジャカルタ特別州傘下のMRTジャカルタ社が行う。

開業は2018年までの予定。乗客数は2020年の時点で1日あたり41万人が見込まれている。車両については、住友商事と日本車輌製造が96両(6両編成16本)を既に受注している。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 当日は『おかえり登山電車61号』の列車名で運行される70000形GSE。
  • 7月18日からの再開が決まった『SLもおか』。
  • バイオディーゼルが混合使用される『あそぼーい!』用のキハ183系1000番台。
  • 現在、豊肥本線の大分側の折返し駅となっている阿蘇駅。7月21日からは約4年3か月ぶりに熊本側から列車がやってくる。
  • 8月10日を最後に引退するキハ48形「リゾートみのり」。
  • 九州全県に「感謝の輪」を描き、世界一の「わ」を目指すという『36ぷらす3』。「36」は九州を楽しむ35のエピソードに加えて「お客さま自身に“36番目のエピソード”を語っていただきたい」という想いを込めたものだという。これに「3」を加えた「39」をサンキューに掛け合わせ、感謝の輪を広げていくという。
  • 6月26日に静岡県庁の知事室で開かれた川勝知事(左)と金子社長(右)の面談の様子。この席で川勝知事は条例に基づく協定締結の可否により、ヤード準備工事の是非を判断すると述べた。
  • 通常は伊豆エリアで運行されている『THE ROYAL EXPRESS』

ピックアップ