三井物産など4社、ジャカルタ南北線のシステム受注

鉄道 企業動向
三井物産など4社はジャカルタMRT南北線のシステムや軌道工事を受注した。
三井物産など4社はジャカルタMRT南北線のシステムや軌道工事を受注した。 全 2 枚 拡大写真
三井物産や東洋エンジニアリング、神戸製鋼所など4社は4月30日、インドネシアのMRTジャカルタ社から、ジャカルタ都市高速鉄道(MRT)南北線向けの鉄道システムと軌道工事を受注したと発表した。受注額は約250億円。

発表によると、三井物産がコンソーシアムリーダーとなり、東洋エンジニアリングが受配電設備や電車線、軌道、昇降機など、神戸製鋼が信号・通信設備や自動出改札システム、ホームドアなどを設計・供給する。全てのシステムの据付けは、東洋エンジニアリングの現地グループ会社「PT.Inti Karya Persada Tehnik」が行う。

南北線は、ジャカルタ南部のレバブルス(Lebak Bulus)と中心部のブンダランホテルインドネシア(Bundaran HI)を結ぶ、全長15.7kmの鉄道路線。このうち9.2kmが高架、6.5kmが地下で、インドネシア初の地下鉄になる。運営はジャカルタ特別州傘下のMRTジャカルタ社が行う。

開業は2018年までの予定。乗客数は2020年の時点で1日あたり41万人が見込まれている。車両については、住友商事と日本車輌製造が96両(6両編成16本)を既に受注している。

《草町義和》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. 前代未聞!20代女子がホワイトレタータイヤにどハマり!トーヨータイヤ『OPEN COUNTRY A/T EX』で検証してみたPR
  3. シボレー コルベットZ06 新型、最初の写真 実車は10月26日発表
  4. VW『タイグン』、新型コンパクトSUVをインドで発売
  5. Z900RSの弟分、カワサキ『Z650RS』発売決定! 並列2気筒の新型レトロスポーツ
  6. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  7. 実はアルコール消毒液が犯人…山陽新幹線で飲酒疑いによる運休
  8. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  9. ジープ ラングラー『ウィリス』にオフロード性能追求の「リーコン」 10月米国受注開始
  10. 日産の新型商用車『タウンスター』、EV版の航続は285km…欧州発表
ランキングをもっと見る