【JNCAP2014】スバル、レガシィ など4車種が5つ星を受賞

自動車 ビジネス 国内マーケット
ファイブスター賞を受賞したレヴォーグ、WRX、レガシィ、フォレスター
ファイブスター賞を受賞したレヴォーグ、WRX、レガシィ、フォレスター 全 5 枚 拡大写真
富士重工業は5月8日、『レガシィ』などスバル車4モデルが、2014年度自動車アセスメント(JNCAP)の新・安全性能総合評価で、最高評価の「ファイブスター賞」を受賞したと発表した。

JNCAPは、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)による自動車の総合的な安全性能評価で、1995年度より毎年公表している。

今回、『レヴォーグ』『WRX』『レガシィ』『フォレスター』の4モデルが最高評価である5つ星を獲得し、「新・安全性能総合評価ファイブスター賞」を受賞した。同賞は、2011年度のレガシィ、2012年度のレガシィ、インプレッサに続いての受賞となる。

また、予防安全技術を評価する「予防安全アセスメント」でも、レヴォーグ、WRX S4、レガシィ、フォレスター、インプレッサ、XV、XVハイブリッド、「アイサイト」搭載の7モデルが最高ランクである「先進安全車プラス(ASV+)」に選定。安全性能全般で高い評価を得ている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ