マグナ、中国企業と合弁設立で合意…自動車部品を生産へ

自動車 ビジネス 企業動向
マグナインターナショナルの工場
マグナインターナショナルの工場 全 1 枚 拡大写真
カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー、マグナインターナショナル(以下、マグナ)は5月4日、中国企業との間で合弁会社を設立することで合意した、発表した。

マグナが合弁契約を締結したのは、重慶に本拠を置くXingqiaorui社。同社との間で、自動車部品製造の合弁会社を立ち上げる。

合弁企業には、マグナの子会社で車体やシャシーを手がけるコスマ・インターナショナル社が53%を出資。残りの47%をXingqiaorui社が出資する。

Xingqiaorui社は、中国の自動車部品メーカー。ホワイトボディをはじめ、各種部品をフォードモーターの中国合弁、長安フォードに納入している。中国国内の生産拠点は、3か所。

コスマ・インターナショナル社のジョン・ファレル社長は、「両社の生産のノウハウを組み合わせて、現在と将来の顧客の成長を支援していく」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • マグナの次世代シートシステムのイメージ
  • 新型BMW Z4 の量産第一号車がラインオフしたマグナシュタイヤーのオーストリア・グラーツ工場
  • BMW Z4 新型の開発プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ グランクーペ 開発車両スクープ写真
  • ポルシェ 718 ケイマン GT4 RS スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/05/19/251500.html/article/2015/05/19/251499.html/article/2015/05/19/251501.html