JR東日本、新潟・秋田地区に電気式の新型気動車を導入へ

鉄道 企業動向
JR東日本は新潟・秋田地区の一部の路線(赤)に新型の電気式気動車を導入すると発表。2017年度から2020年度にかけて63両を投入する。
JR東日本は新潟・秋田地区の一部の路線(赤)に新型の電気式気動車を導入すると発表。2017年度から2020年度にかけて63両を投入する。 全 1 枚 拡大写真
JR東日本は5月19日、新潟・秋田地区に新型の気動車を導入すると発表した。2017年度から2020年度にかけて、計63両を投入する。

発表によると、新型気動車はディーゼルエンジン発電機で発電した電力により、走行用モーターを動かす電気式を採用。電車などで培ってきた技術の採用や共通化により「安全安定輸送と質の高いサービス」を提供するという。

1両運転に対応した19両と、2両編成22本を新造し、羽越本線新津~酒田間、信越本線新津~新潟間、米坂線、磐越西線会津若松~新津間、津軽線、五能線、奥羽本線の秋田~東能代間と弘前~青森間で運用する。2017年度から2019年度にかけて新潟地区に投入し、2020年度には秋田地区に投入される予定だ。

八戸線に導入される予定の新型気動車と同様、公募調達が実施される。申込み期限は7月24日16時(日本時間)。JR東日本は今後、今回の63両を含む約150~250両の新型電気式気動車を新造し、既存の気動車を置き換える予定としている。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 運転体験会の様子。
  • 9月30日を最後に和歌山線での運用を終えた105系。
  • 「はまなす」色の編成。車体は現行のキハ261系1000番代に準じたもの。「はまなす」色が先に登場する予定。
  • 10月15日時点の東武日光線静和駅構内。
  • 「瀬戸内マリンビュー」に代わって広島地区の山陽本線・呉線に投入される新観光列車「etSETOra」の外観イメージ。エトセトラの「エト」を読み替えた「えっと」が広島弁で「たくさんの」「多くの」を意味することから、列車名は「『えっと』瀬戸の魅力を感じてほしい」という意味も込められているという。
  • 今年3月のダイヤ改正を機に引退したEF200形電気機関車。
  • E7系やW7系などが浸水した長野新幹線車両センター。この影響で、北陸新幹線が全線復旧しても、運行本数は従来の5~6割程度になる見込み。
  • 長岡~直江津間の臨時快速に接続するえちごトキめき鉄道妙高はねうまラインの列車。同線は10月15日に全線が復旧した。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/05/19/251525.html/article/2015/05/19/251524.html/article/2015/05/19/251526.html