ジャガー の最上級サルーン、XJ に改良新型…表情一新

自動車 ニューモデル 新型車
ジャガー XJ 改良新型
ジャガー XJ 改良新型 全 4 枚 拡大写真
英国の高級車メーカー、ジャガーカーズは6月15日、欧州で『XJ』の改良新型モデルを発表した。

現行XJは2009年7月、欧州で発表された。ジャガーのラインナップにおいて、頂点に位置する最上級サルーンがXJ。現行型は斬新な外装デザインや、競合車よりも約150kg軽いという新世代のアルミボディを採用する。

今回、ジャガーカーズは、現行XJのデビューからおよそ6年を経て、初の大幅改良を実施。内外装を中心に、リニューアルを施し、商品力が引き上げられた。

外観は、従来よりも大型化されたフロントグリルが特徴。フロントバンパーも新デザインとなり、バンパーの左右にシルバーで縁取られたエアインテークを備える。ヘッドライトはフルLED化。リアは、テールランプやマフラーが新しい。

室内は、素材の見直しなどにより、クオリティを一段と向上。新開発の車載インフォテインメントシステムも導入されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現行ジャガー XJ
  • 最後の丸眼四灯となった2008年「X350系」XJ
  • ジャガーXJの50周年を記念し企画されたドライブツアー“Jaguar XJ Historic Convoy to Paris”に参加した
  • ジャガー XJスポーツ&ラグジュアリー
  • ブラバス V250d カスタムカー
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/06/16/253512.html/article/2015/06/16/253511.html/article/2015/06/16/253513.html