加 マグナ、トランスミッション製造の ゲトラグ 買収で合意

自動車 ビジネス 企業動向
ゲトラグのトランスミッション
ゲトラグのトランスミッション 全 1 枚 拡大写真
カナダに本拠を置く自動車部品大手、マグナインターナショナルは7月16日、トランスミッション製造のドイツのゲトラグを買収することで合意した、と発表した。

ゲトラグは、トランスミッション分野で80年の歴史を持つ老舗企業。トランスミッション業界をリードする企業でもある。

商品展開は、幅広い。マニュアルトランスミッション、AT、デュアルクラッチ、ハイブリッドなどの環境対応車用のトランスミッションなどを手がける。とくに、成長著しいデュアルクラッチトランスミッションで、業界の主導的地位にある。

ゲトラグは、フォードモーターと合弁会社を立ち上げ。また、供給先の自動車メーカーには、BMW、ダイムラー、ルノー、ボルボカーズなどがある。

今回の買収について、マグナインターナショナルのドン・ウォーカーCEOは、「戦略的にパワートレイン事業の拡大に取り組んできた。ゲトラグは、この戦略に最高に見合う」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マグナの「コンポジットスペースフレーム」の製造過程
  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • マグナの次世代シートシステムのイメージ
  • 新型BMW Z4 の量産第一号車がラインオフしたマグナシュタイヤーのオーストリア・グラーツ工場
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ