JR東日本、東北・新潟地区の気動車をミャンマーに譲渡

鉄道 企業動向
JR東日本は東北・新潟地区で運用してきたキハ40系19両をミャンマーに譲渡する。写真は引退後も小牛田運輸区に留置されている陸羽東線・石巻線のキハ40形。
JR東日本は東北・新潟地区で運用してきたキハ40系19両をミャンマーに譲渡する。写真は引退後も小牛田運輸区に留置されている陸羽東線・石巻線のキハ40形。 全 2 枚 拡大写真
JR東日本は7月17日、東北・新潟地区で運用してきた気動車19両を、ミャンマー国鉄に譲渡すると発表した。

今回譲渡されるのはキハ40系列の気動車のうち、運転台が両端に付いているキハ40形13両と、運転台が片側のみ付いているキハ48形6両。いずれも旧国鉄時代に製造された気動車で、東北地区の陸羽東線や石巻線、新潟地区の磐越西線や只見線などで使われていたが、老朽化に伴う車両の更新により引退した。ミャンマー鉄道公社の要請を受け、7月下旬から譲渡を開始する。

これに伴いJR東日本は、譲渡車のメンテナンスを実際に担当していた技術者をミャンマーに短期間派遣する。現地で車両の整備や機能確認業務、オーバーホールに関する支援を行う方向で調整を進めているという。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 10月12日の東北新幹線は、下りが東京13時20分発『はやぶさ23号』、上りが新青森11時15分発『はやぶさ52号』が最終となる。
  • JHB:ジェイ・アール北海道バス
  • 10月12日の終日運休が決定している小田急の特急ロマンスカー。写真は70000形GSE。
  • 大船渡線BRT盛駅に停車中のバス。
  • 常磐緩行線で運行されているJR東日本のE233系
  • 冬・夏用の制服。女性用のリボンタイやスカートは廃止され、男女ともネクタイ着用のスーツスタイルに。制帽は男女とも官帽型とチロリアン(ハイバック)型があり、いずれかを選択する。ネクタイは3種類あるなかから選ぶ。職制を識別するため駅長・区所長用の袖のラインは2本、それ以外は1本となっており、制帽でも5種類を設けて区別する。
  • TX-3000系のイメージ。車体はアルミダブルスキン鋼体で、最高速度は130km/h。
  • 10月11日午後の列車から、およそ1か月ぶりに全線再開することになった久留里線。写真は上総亀山駅。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/07/18/255922.html/article/2015/07/18/255921.html/article/2015/07/18/255923.html