【キャデラック Vシリーズ 日本発表】2種類のドライバーをも満足させる仕上がり

自動車 ニューモデル 新型車
キャデラック CTS-V(手前)とATS-V(奥)
キャデラック CTS-V(手前)とATS-V(奥) 全 8 枚 拡大写真
ゼネラルモーターズ・ジャパンから導入されるキャデラック『ATS-V』と『CTS-V』は、俊敏な運動性能と、快適で洗練された乗り心地を実現しているキャデラックのラグジュアリーセダンをベースに、キャデラックレーシング直系の最先端のテクノロジーで究極の性能を追求したものだ。

そのコンセプトは、“Performance without punishment”。これは、「法の範囲内で日常的に最高のパフォーマンスを楽しめるといった意味」とは、同社マーケティング&カスタマーエクスペリエンスプロダクトマネージャーの中野哲氏の弁。

「これを追求し、更にキャデラックブランドのデザインとテクノロジーの頂点を極めることで、2種類のドライバーを満足させることを狙っている」と中野氏。ひとつは、「サーキット走行に自信を持つドライバーに“パフォーマンス”を。もうひとつは、日々の街乗りを楽しむ洗練されたドライバーには“ラグジュアリー”を訴求する」と話す。

サーキット走行に自信を持つドライバーに向けたパフォーマンスに関しては、「何も改造せずにそのままの状態でサーキットに持ち込んでも楽しめるパフォーマンスを意味している」と述べ、それを実現するファクターとして、スーパーハイパフォーマンスエンジンのほか、カーボンファイバーエアロパッケージ、レカロパフォーマンスシート、電子制御LSD、パフォーマンストラクションマネージメント、マグネティックライドコントロールや、専用に開発されたミシュランパイロットスーパースポーツタイヤなどが挙げられる。

一方、日々の街乗りを楽しむ洗練されたドライバーに向けたラグジュアリーに対しては、「走りだけではなく、高品質、並びに、高揚感をもたらすファクターを用意している」とし、ドライバーモードコントロール、BOSEプレミアムサラウンドサウンドシステム、カーブビューパーキングカメラや、ワイヤレスチャージ、カーボンファイバーインテリアトリム、スウェーデットマイクロファイバーインサートが入ったインテリアなどが備えられており、どちらのターゲットにも満足度の高い仕上がりになっていることを語った。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ