【KTM 125SX 試乗】2ストならではの鋭いダッシュと軽い車体…青木タカオ

モーターサイクル 新型車
KTM 125SX
KTM 125SX 全 7 枚 拡大写真
公道向けモデルでは絶版となってしまった2ストロークエンジン搭載車だが、コンペティションモデルならまだまだ新車で買える。もちろん、オーソドックスなキャブレター仕様でだ。

KTMのモトクロッサー『125SX』は、2016年モデルでエンジンを一新。シリンダーとピストンに改良を加え、さらなる信頼性とより効果的な冷却性能を獲得し、エンジン単体での重量減も実現している。

ギヤレバーを改善した6速トランスミッションは横幅を6mm縮小。200gの重量減を達成し、クラッチにはブレンボ製の油圧システムが用いられた。

走ると気持ちが良い。アクセルを開けると同時に甲高いエキゾーストノートがコースに響き渡り、ストレートでは2ストならではの高回転での伸びが楽しめる。

パワーバンドは昔の2ストモトクロッサーにくらべるとかなり広く、ピーキーで乗りづらいということはない。シフトチェンジは4ストにくらべ忙しないが、レンジを捉えたときのヒット感は相変わらず痛快だ。

ただし、ジャンプの踏切で無闇にアクセルを大きく開けると、空中でフロントがまくり上がり、雑なスロットルワークは禁物だと改めて思い知らされる。

ただでさえ軽い2ストモトクロッサーの車体だが、2016年モデルでは90.4kgから87.8kgへとさらなる軽量化を達成。パワーバンドに入ったときの加速は強烈で、このダッシュを味わうと根強い2ストファンがいるのも頷ける。

ますます走りの鋭さを増した2ストの最新モトクロッサー。排気音、匂い、軽さ、そして他にはない格別のパワーフィーリングで、乗り手を飽きさせない。

■5つ星評価
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
デザイン:★★★★
総合戦闘力:★★★
オススメ度:★★★★

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト
バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。国内外のモーターサイクルカルチャーに精通しており、取材経験はアメリカやヨーロッパはもちろん、アフリカや東南アジアにまで及ぶ。自らのMXレース活動や豊富な海外ツーリングで得たノウハウをもとに、独自の視点でオートバイを解説している。現在多くのバイク専門誌、一般誌、WEB媒体で活動中。

《青木タカオ》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • V4エンジンを積んだストリートファイター
  • MotoGP第16戦日本GPで優勝したマルケス
  • MotoGP 日本GP 決勝レース
  • MotoGP 日本GP ドゥカティブース
  • カンナム ライカー
  • MotoGP 日本GP リキモリブース
  • MotoGP 日本GP トライアンフブース
  • MotoGP 日本GP ピアッジオブース

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/08/15/257939.html/article/2015/08/15/257938.html/article/2015/08/15/257940.html