【トヨタ ランドクルーザー 改良新型】200系にディーゼルが設定されないワケとは?

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ ランドクルーザー 新型
トヨタ ランドクルーザー 新型 全 8 枚 拡大写真
トヨタ自動車は、『ランドクルーザー(200系)』をマイナーチェンジし、8月17日より販売を開始した。グレードは、装備などの違いにより4種類を設定するが、エンジンは4.6リットルV8ガソリンエンジンの一本のみとなる。

6月には『ランドクルーザープラド』が一部改良され、ランクルファミリーでは8年ぶりとなるディーゼルエンジンが復活し大きな話題となった。新型にディーゼルエンジンを搭載するという選択肢はなかったのだろうか。

ランドクルーザーのチーフエンジニアを務める製品企画本部の小鑓貞嘉氏は、ディーゼルの要望が高いとは認識しているものの次のように話す。

「車格や重量を含めこのクルマはV8のサイズでいかないと価値が生まれないので、プラドの4気筒を搭載するということはない。セグメントやヒエラルキーを持ってクルマを作っていかなければと考えていて、車格というのを非常に大事にしている」(小鑓貞嘉氏)。

新型に搭載されるエンジンは、前モデルに引き続き「1UR-FE」型。エンジン単体で約8年の実績があり、信頼性を考えての選択だと小鑓氏は話す。

「環境性能は大事なことなので、将来に向けては(ダウンサイジングエンジンなども)検討したいが、今のモデルに関しては信頼のあるパワートレイン系で提供していく。信頼というのは長く作って築いていくもの。コロコロ変えていくものではない」(小鑓氏)。

《橋本 隆志》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/08/17/258054.html/article/2015/08/17/258053.html/article/2015/08/17/258055.html