【三菱 ランエボ 最終モデル】限定台数1000台を完売、納車を開始

自動車 ニューモデル 新型車
三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション
三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション 全 2 枚 拡大写真
三菱自動車は、『ランサーエボリューションX ファイナルエディション』が限定台数1000台を完売し、8月20日より納車を開始したと発表した。納車は順次開始し、2016年3月までに完了する予定。

ファイナルエディションは、1992年10月の初代ランエボ誕生から約23年にわたる歴史の最後を飾る特別仕様車。4月10日より先行予約の受付を開始していた。GSRの5MT車をベースとして、精悍さをいっそう引き立てながらプレミアム感を高めた内外観とした。

さらに、エンジンの改良により最高出力を向上させ、中高速域で伸びのある出力特性とするとともに、高性能仕様のサスペンション、ブレーキ、タイヤを採用することで、誰もが気持ちよく安心して高い次元の走りを楽しめる、シリーズ集大成モデルにふさわしい特別仕様車として仕上げている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱 ランサーエボリューション8 vs スバル インプレッサ STI
  • 『Project CARS 3』のリアリティって実際どう!?自動車メーカーの人に本気で評価してもらいました
  • 三菱ランサーエボリューションVI トミー・マキネンエディション(2000年)
  • 三菱パジェロ(1982年)のサスペンションションシート
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV