革新的設計生産技術についてのシンポジウム開催、9月17日…NEDO

自動車 ビジネス 国内マーケット
革新的設計生産技術についてのシンポジウム開催、9月17日…NEDO
革新的設計生産技術についてのシンポジウム開催、9月17日…NEDO 全 1 枚 拡大写真
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は「革新的設計生産技術」についてのシンポジウムを開催する。日時は9月17日10時~18時で、場所は日本科学未来館7階未来館ホール。

NEDO関係者によれば、革新的設計生産技術とは内閣府と一緒になって進めている戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の一つで、新たなものづくりのスタイルの確立を目指すものだという。

具体的には「デライトものづくり」、つまり従来の品質や機能に「喜び」「驚き」などのデライト性を融合した新たな価値を実現する技術や仕組みを開発することで、産業を活性化し、競争力のある高付加価値な新市場を創出するモデルを構築するというプロジェクトだ。

現在、NEDOではこのプロジェクトのもと24件の研究開発を進めており、今回のシンポジウムでそれらを詳しく紹介する。参加費は無料で、定員は170人。

《山田清志》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ILY-Ai (カラフルタウン岐阜 専用モデル)
  • 参考画像:トヨタのFCV、MIRAIコンセプト(MIRAI次期型か)
  • 複数の太陽電池セルにより構成された太陽電池パネル(左からルーフ、フード、バックドア)
  • 実証実験で使用するインフラ機器
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ