パイオニア、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」対応ミラー型端末を発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
「ビークルアシスト」サービスイメージ
「ビークルアシスト」サービスイメージ 全 1 枚 拡大写真
パイオニアは、クラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」に対応した3G/LTE通信モジュール搭載ミラー型テレマティクス端末の発売を開始した。

「ビークルアシスト」は、営業車両などの安全運転・労務管理・経費削減に活用できるクラウド型運行管理サービス。今回発売する「ビークルアシスト」対応ミラー型テレマティクス端末は、「ビークルアシスト」の機能を活用して、クルマが危険な挙動をした時、管理者にメールで通知し、安全運転を促進する。

また、ドライバーが特別な操作をすることなく、日報が自動作成できるため、業務効率の向上が図れる。ドライバーへのメッセージは、ディスプレイ表示と音声自動読み上げで伝達する。

価格はオープン価格。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パイオニアの新社長に就任する矢原史朗氏
  • パイオニアの3D-LiDARセンサー(標準タイプ)
  • パイオニアは3D-LIDARでITS世界会議2019に参加。車両は自動運転のソフトウェアを開発するベンチャー企業「Moovita」とシンガポールの公共機関「SMRT」と協業した
  • 群馬大学の自動運転バス車両に搭載されたパイオニア製3D-LiDARセンサー
  • アウディ Q2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ヴィーズマン MF6 開発車両(スクープ写真)
  • VW ID.4X 開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/10/21/262453.html/article/2015/10/21/262452.html/article/2015/10/21/262454.html