【ダカール16】三橋淳、13年ぶり二輪で参戦…KTMから

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
メルズーガラリーを走る三橋淳
メルズーガラリーを走る三橋淳 全 4 枚 拡大写真
ダカールラリーにおいて、これまで5回の四輪市販車クラス優勝経験を誇る三橋淳が、2016年は二輪で参戦することを発表。

三橋は、2001~2003年には二輪で参戦しており、2004年に四輪へキャリアスイッチすることを表明。以降、南米へダカールラリーが舞台を移してからも輝かしい成績を残してきた。二輪での参戦は実に13年ぶり。

参戦にあたって協働しているのはKTMジャパン。同社では、エントリーに際して体制を準備。三橋はKTM のセミファクトリーチーム、「Orlen Team」こと KTM ワルシャワラリーチームからの出走となる。マシンは、誰にでも購入できるものの、ダカールを完走できる実力のある唯一の市販パッケージである、KTM 450 Rally Replicaを走らせる。

チャレンジのテーマは、「モーターサイクルの仲間とともに、フィニッシュラインを目指す」。このテーマを元に、クラウドファンディングが設立。サポーターの支援を募るという。

《稲垣 正倫》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日野チームスガワラの参戦車両(参考画像)
  • トヨタ・ハイラックス 改良新型のプロトタイプとフェルナンド・アロンソ選手
  • 注目を集めたアロンソ(右)とコマ(左)のコンビは四輪総合13位で完走。
  • 四輪総合優勝を飾ったサインツ(中央。ひとり挟み、向かって左がコ・ドライバーのL.クルス)。
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
Response.TV