【名古屋モーターショー15】国内外46ブランドが参加…11月20日開幕

自動車 ビジネス 国内マーケット
名古屋モーターショー(2013年の様子)
名古屋モーターショー(2013年の様子) 全 4 枚 拡大写真
中部地区最大規模の自動車イベント「名古屋モーターショー」が11月20日から23日まで、名古屋市港区のポートメッセなごやで開催される。

名古屋モーターショーは、1979年に第1回目を開催して以来、東京モーターショーと同じく2年に一度開催し、今年で19回目。国内外の四輪・二輪車メーカーのコンセプトカーや最新市販車が勢ぞろい。今回は、国内四輪・二輪11ブランド、輸入四輪・二輪35ブランド、計46ブランドが出展する。

会場では、最新市販車の試乗会やセーフティドライブの体験試乗などを実施。また、同時開催の「あいちITSワールド2015」では、パーソナルモビリティの体験試乗のほか、衝突回避体験、駐車支援システム体験なども予定している。

またステージイベントでは、スポーツキャスターの浅田舞さんと大村秀章愛知県知事によるITSトークショー「マイラブ ビューティフルドライブ!」や、AKB Team8のスペシャルステージなどが行われる。

当日入場料は大人1500円(前売1200円)。なお今回より、若者層やファミリーでの来場を促進するため、高校生以下を無料とした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 名古屋モーターショー2019
  • 名古屋モーターショー 2019
  • 第21回 名古屋モーターショー
  • 群馬大学の自動運転バス車両に搭載されたパイオニア製3D-LiDARセンサー
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ