バーミンガム、プラハ、台北…エミレーツ航空がドバイ発着3路線にA380を投入へ

航空 企業動向
エミレーツA380
エミレーツA380 全 1 枚 拡大写真
エミレーツ航空は12月17日、2016年中に総2階建て旅客機のエアバスA380をドバイ=バーミンガム、プラハ、台北線に投入すると発表した。

エミレーツ航空はA380を来年3月27日にバーミンガム線、5月1日にプラハ線と台北線に投入する。バーミンガム、プラハ、台北の各空港にA380定期便が就航するのは初めて。また、ドバイ=バルセロナ線では6月1日からA380機材で1日2便運航する。

17日現在、エミレーツ航空は71機のA380を保有。A380の就航地点数は36地点にのぼる。2008年の就航以来、同航空のA380は4200万人以上を輸送し、6億3000万キロメートル以上を飛行してきた。

《日下部みずき》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV