三菱 ミラージュ、米国でリコール…エアバッグ展開が遅れる恐れ

自動車 ビジネス 海外マーケット
三菱 ミラージュ 米国仕様(2014-2015年モデル)
三菱 ミラージュ 米国仕様(2014-2015年モデル) 全 3 枚 拡大写真
三菱自動車のコンパクトカー、『ミラージュ』。同車が米国において、リコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。「三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカから、ミラージュに関するリコールの届け出を受けた」と公表している。

今回のリコールは、エアバッグの不具合が原因。NHTSAによると、降雪地帯での使用下において、融雪剤が運転席のフロアカーペットに浸み込むことにより、カーペット下のワイヤーコネクターが腐食。事故の際、エアバッグの展開が遅れる恐れがあるという。

リコールの対象となるのは、2014-2015年モデルのミラージュの一部。2013年8月上旬から、2015年9月上旬にかけて生産され、米国で販売された2万5185台が該当する。

三菱モータースノースアメリカでは、対象車の顧客に連絡。販売店で車両の点検を行い、部品の交換と防水シートを追加するリコール作業を行うとしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BluEarth-GT AE51
  • 三菱 ミラージュ
  • 三菱 ミラージュ 改良新型(欧州仕様)
  • タカタ製エアバッグ(ホンダ車) (c) Getty Images
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ