【まとめ】「最小で最大」の使い勝手、乗り味も激変…スマート フォーツー/フォーフォー

自動車 ニューモデル 新型車
スマート フォーツー
スマート フォーツー 全 10 枚 拡大写真
メルセデス・ベンツ日本はメルセデスのシティコンパクト、スマート『fortwo(フォーツー)』と『forfour(フォーフォー)』を発表。フォーツーは10月28日から440台限定で販売を開始、フォーフォーは2016年1月に発売予定。

新型フォーツーと新型フォーフォーは、パリモーターショー14でワールドプレミア。車台は新型ルノー『トゥインゴ』と共用しつつ、駆動方式は歴代のRRレイアウトを受け継いだ。

スマートの特徴である取り回しの良さは健在で、最小回転半径はフォーツーでわずか3.3m。フォーフォーでも4.1m。最小回転半径を小さく出来たのは、RRレイアウトによりステアリングを内輪51度(フォーフォーは31度)まで切ることができるのと、フロントのタイヤ幅がリアのタイヤ幅よりも狭くなっているため。


※タイトルをクリックすると記事へリンクします。

◆コンパクトで取り回し楽々、スペースも乗り味も充実

【スマート フォーツー/フォーフォー 新型】実は1972年から続くスマートの歴史

【スマート フォーツー/フォーフォー 新型】セグメントトップクラスのスペースユーティリティ

【スマート フォーツー/フォーフォー 新型】乗用車最小の回転半径を実現できた理由

【スマート フォーツー/フォーフォー 新型】1リットル3気筒エンジンでも「豊かなトルク」

【スマート フォーツー/フォーフォー 新型】ポップなキャラクターをインテリアでも演出


◆スマートは乗り味も「スマート」?

【スマート フォーツー 試乗】“現実的”になった新型、キュートで未来的なキャラはどこへ…岩貞るみこ

【スマート フォーツー 試乗】トレッド拡大で激変した乗り味…森口将之

【スマート フォーツー/フォーフォー 試乗】MINIのお株をうばう「ゴーカート感覚」…桂伸一

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/01/02/267136.html/article/2016/01/02/267135.html/article/2016/01/02/267137.html