三井物産、小型航空機製造に参入…クエスト・エアクラフトに資本参加

航空 企業動向
KODIAK100
KODIAK100 全 2 枚 拡大写真
三井物産は、せとうちホールディングスと、せとうちHD傘下の米国小型航空機メーカーであるクエスト・エアクラフトに資本参加すると発表した。

クエストが発行する第三者割当増資を1000万ドルで引受け、全株式の12.5%を取得する予定。

クエストは2001年、国際人道支援用途の航空機製造を目的に、米国アイダホ州サンドポイントに設立、2015年2月にせとうちHD傘下となった小型航空機メーカー。現在、10人乗り単発プロペラ機「KODIAK100」を製造・販売している。

KODIAK100は、2007年の発売以来、燃費、動力性能と汎用性の高さから順調にシェアを拡大し、これまでに累計150機以上を製造、全世界に販売してきた。

小型航空機は、主に農業・鉱業分野や災害対策用の移動・物資輸送手段として利用されてきたが、高速で移動できる身近で便利な輸送インフラとして、今後、欧米に加えて日本を含むアジア各国でも、富裕層や観光事業者の向けの需要増加が見込まれている。

三井物産は今回の資本参画により、自社グループのグローバルネットワークを活かしKODIAK100未開拓地域での販路拡大をサポートして事業の拡大を図る。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • KINTO(ロゴ)
  • 車両はEVやFCEVが使われる
  • コンテナ型定置型蓄電池のイメージ
  • EV用普通充電器 Ella
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ