スマート世界販売、33%増の12万台…新型効果 2015年

自動車 ビジネス 海外マーケット
スマート 新型フォーツー
スマート 新型フォーツー 全 4 枚 拡大写真
メルセデスベンツ傘下のスマートは1月上旬、2015年の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は11万9398台。前年比は32.9%増と大きく伸びた。

大幅増を達成したのは、新型『フォーツー』と『フォーフォー』投入の効果による部分が大きい。

とくに、欧州でのスマート最大の市場、ドイツとイタリアで新型が人気。この他、英国、フランス、スペイン、スイスの各国でも、2桁増を記録している。

また、フォーツーはカーシェアリングの「car2go」で活躍。1万4000台以上のフォーツーが、car2goで使用されている。スマートによると、car2goが世界最大規模のカーシェアリングになるという。

スマートは、「2016年春、新型『フォーツー・カブリオ』の発売を、顧客が楽しみにしている」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スマート EQフォーフォー
  • スマート EQ フォーツー 改良新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • スマート EQ フォーフォー 改良新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • スマート EQ フォーツー 改良新型
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/01/28/268673.html/article/2016/01/28/268672.html/article/2016/01/28/268674.html