トヨタ、2月8日は国内全工場を稼働停止…愛知製鋼爆発事故の影響

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ堤工場(資料画像)
トヨタ堤工場(資料画像) 全 1 枚 拡大写真
トヨタ自動車は、2月8日を全工場休日とし、それに伴いユニット工場を含む、国内全ての工場の稼働を停止すると発表した。

トヨタ自動車は、愛知製鋼知多工場で発生した事故の影響により、鋼材を使った部品生産に遅れが出たことから、2月8日から13日の間、国内の完成車組み立てラインの稼働をすべて停止することを公表している。

今回、完成車組み立てライン稼働停止の初日となる2月8日を全工場休日とし、ユニット工場を含む、国内全工場の稼働停止を決定した。

トヨタ自動車は今後も、愛知製鋼内の代替ラインでの生産、他鉄鋼メーカーへの生産委託などにより、車両生産への影響を最小限にとどめるべく、継続して対応を進めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタGRスーパースポーツ(ルマン24時間耐久レース2020会場)
  • FC電源車(完成車両イメージ)
  • スズキ・スウェイス
  • BluEarth-GT AE51
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ