パイオニア、スタンドアローンタイプのETC2.0サービス対応車載器を発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ETC2.0ユニット「ND-ETCS10」
ETC2.0ユニット「ND-ETCS10」 全 1 枚 拡大写真
パイオニアは、ETC2.0サービスを利用できるGPS付発話型スタンドアローンタイプのETC2.0ユニット「ND-ETCS10」を3月下旬から発売すると発表した。

新製品は、走行経路などの把握に必要なGPSをアンテナに内蔵、カーナビゲーションに接続することなくETC2.0サービスを利用できる。受信したETC2.0サービスの情報は、本体内蔵スピーカーから音声で案内する。

また、ITSスポットから取得した落下物や合流注意地点、見通しの悪い急カーブなどの情報を、事前に音声で注意喚起する「安全運転支援」サービスに加え、混雑状況に応じて料金を変更する経路情報などが4月以降順次提供される予定のETC2.0の新サービスにも対応する。

価格はオープン価格。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パイオニア製電子聴診器MSS-U11C
  • MapFan
  • パイオニアとコンチネンタルが協業して開発を進める新しいユーザーエクスペリエンスの統合コックピット(イメージ)
  • パイオニア・カロッツェリア「サイバーナビ」(参考画像)
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ