【ジュネーブモーターショー16】アルファロメオの空飛ぶ円盤、ディスコヴォランテ に「スパイダー」

自動車 ニューモデル モーターショー
アルファロメオ ディスコヴォランテ スパイダー(ジュネーブモーターショー16)
アルファロメオ ディスコヴォランテ スパイダー(ジュネーブモーターショー16) 全 6 枚 拡大写真
イタリアのトゥーリング・スーペルレッジェーラ社は3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、アルファロメオ『ディスコヴォランテ スパイダー』を初公開した。

トゥーリング・スーペルレッジェーラ社は、イタリア・ミラノで1926年に創業した老舗コーチビルダー、カロッツェリア・トゥーリングの流れを汲む会社として、2006年に設立。現在ミラノを拠点に、自動車メーカーの依頼を受けて、デザインエンジニアリングなどの活動を行っている。

同社が2012年春、ジュネーブモーターショー12でワールドプレミアしたのが、アルファロメオ『ディスコヴォランテ』。アルファロメオは1952年、カロッツェリア・トゥーリングと『1900 C52』を共同開発。4ドアセダンの『1900』の車台をベースに、カロッツェリア・トゥーリングが手がけたボディを架装したモデルで、わずか数台が生産された。1900 C52は、当時としては異例の、エアロダイナミクス性能を極限まで追求したフォルムが特徴。そのデザインが空飛ぶ円盤に似ていることから、「ディスコヴォランテ」と呼ばれるようになる。

ジュネーブモーターショー16で初公開されたディスコヴォランテ スパイダーは、クーペボディだったディスコヴォランテのオープン版。同社の創業90周年を祝福する記念モデルとして、7台が生産される。

車台は引き続き、アルファロメオが2006年に発表した『8Cコンペティツィオーネ』がベース。4.7リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、最大出力450ps/7000rpm、最大トルク48.9kgm/4750rpmを引き出す。トランスミッションはパドルシフト付きの6速シーケンシャル。0-100km/h加速4.5秒、最高速292km/hの性能を備えている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • RemetzCarの モデル SB(ジュネーブモーターショー2019)
  • ブラバス 850 4×4 ファイナルエディション(ジュネーブモーターショー2019)
  • アルピナ B7 改良新型(ジュネーブモーターショー2019)
  • グンペルト・ナタリー(ジュネーブモーターショー2019)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/03/08/271230.html/article/2016/03/08/271229.html/article/2016/03/09/271231.html