マグナ、中国浙江省に新工場…ボルボカーズにシート供給

自動車 ビジネス 企業動向
マグナの米国ケンタッキー州の自動車用シート工場
マグナの米国ケンタッキー州の自動車用シート工場 全 1 枚 拡大写真
カナダに本拠を置く自動車部品製造大手、マグナインナーナショナル(以下、マグナ)は3月9日、中国浙江省台州市に新工場を建設すると発表した。

マグナの新工場は、自動車用のシートを製造するのが目的。浙江省に本拠を置く浙江吉利控股集団(ジーリー ホールディンググループ)傘下のボルボカーグループに、シートを供給する。

浙江省台州市の新工場は、マグナにとって、中国で5番目のシート工場。マグナの事業全体では、中国33か所目の工場になる。

新工場は、最大で90名の新規雇用を創出する見通し。工場の完成は2016年の半ばを予定している。

マグナ・シーティング社のマイク・バイソン社長は、「全世界の顧客のニーズと期待に応える優れた生産品質を届けることがコミットメント」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マグナの「コンポジットスペースフレーム」の製造過程
  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • マグナの次世代シートシステムのイメージ
  • 新型BMW Z4 の量産第一号車がラインオフしたマグナシュタイヤーのオーストリア・グラーツ工場
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ タイカン・クロスツーリスモ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ