PSAグループ、EVとPHVを積極投入…2021年までに11車種

エコカー ハイブリッド
DS3 ELECTRUM(パリモーターショー12)
DS3 ELECTRUM(パリモーターショー12) 全 3 枚 拡大写真
フランスの自動車大手、PSAグループ(旧PSAプジョーシトロエン)。同車が今後、環境対応車を積極的に投入してくことが判明した。

これは4月5日、PSAグループが発表した新経営戦略「Push to Pass」で明らかにしたもの。この新戦略において、同社は「2021年までに、新型の環境対応車を合計11車種発売する」と発表している。

環境対応車11車種の内訳は、EVが4モデル、プラグインハイブリッド車(PHV)が7モデル。PSAグループは、PHVの開発に力を注ぐ。

現時点では、プジョー、シトロエン、DSのいずれのブランドおよび車種に、EVやPHVが設定されるかは、公表されていない。

PSAグループは2010年末、三菱自動車の小型EV、『i-MiEV』のOEMとして、プジョー『iOn』、シトロエン『C-ZERO』を欧州市場で発売している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • PSAグループの次世代の電動車向け車台の「eVMP」
  • プジョー208新型
  • PSAグループの各車
  • FCAとPSAグループの合併後の新会社「ステランティス」のロゴ
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ