【シージャパン16】六分儀、デジタル時代の今復活の兆し…タマヤ計測システム

船舶 エンタメ・イベント
タマヤ計測システムが販売する六分儀
タマヤ計測システムが販売する六分儀 全 1 枚 拡大写真
1675年創業、340年の歴史を誇るタマヤ計測システム(本社・東京都品川区)は「SEA JAPAN2016」に実にアナログ的な製品を展示した。それは250年も前に発明された六分儀だ。デジタル時代の今、復活の兆しを見せているという。

六分儀とは、天体や物標の高度、角度を測定する計器で、正確に測定すれば海上で自分がどこにいるかわかるというものだ。そのため、航海に出る際の必需品だった。しかし、今はGPSが発達し、六分儀を船に携帯することがほとんどなくなってしまった。

「そんな六分儀が最近になって見直されているんです。実は米海軍の士官学校で、15年ぶりに六分儀の講習が再開されたんですよ」と同社関係者は説明する。

その理由にはこんな背景があるそうだ。サイバーネット上でハッキング攻撃が多発するようになり、GPSがハッキングを受けて使用不能になるリスクがあるためだ。そこで、海軍士官学校では、GPSが使用不能な状態に陥った場合に備えて、六分儀の講習を再開したわけだ。

同社関係者もこの動きに注目しており、これから需要が増えるのではないかと期待している。ちなみに六分儀の価格は15~20万円だ。

《山田清志》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  2. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  6. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  7. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
  8. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  9. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  10. 【プジョー e-208 新型試乗】プレミアムコンパクトカーの象徴的な存在…渡辺陽一郎
ランキングをもっと見る