タカタ製エアバッグのリコール対象範囲拡大、自動車メーカーにも検討要請…国交省

自動車 社会 行政
石井啓一国交相
石井啓一国交相 全 2 枚 拡大写真
国土交通省自動車局は、タカタ製エアバッグを搭載した国内車両のリコール対象範囲の拡大をタカタと国内自動車メーカーに対して検討するように指示した。

9日付で5月20日までに報告するよう求めている。10日の会見で石井啓一国土交通相は「本件は安全上きわめて重要な問題なので、対応に万全を期したい」と、話した。アメリカでの新たな対応を受け、国内での対策を再考するもの。

米運輸省は4日、エアバッグを瞬時に膨らませるガス発生装置(インフレーター)に乾燥剤が入っていないモデルについて、新たにリコール対象範囲に加えることを発表した。インフレーター内にはバッグを膨張させるための火薬、硝酸アンモニウムが入っている。乾燥剤がないまま湿気を含んだ火薬は、長時間の温度変化で、爆発力が想定より大きくなる可能性がある。そのため車歴の古い車両ほど改善の必要性が増す。

報告では、リコール拡大の対象範囲や手順についての検討を求めている。

《中島みなみ》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • イメージ
  • イメージ
  • ハイブリッドトラックの例:日野プロフィア・ハイブリッド
  • 6月10日10時から全線で運行を再開した横浜市営地下鉄ブルーライン。翌11日は始発から正常ダイヤに戻っている。
  • メルセデス AMG E63 改良新型スクープ写真
  • ゲンバラによるオリジナルスーパーカーのティザーイメージ
  • アウディ RS4アバント 改良新型 スクープ写真
  • ヴァンデンブリンク・デザイン フェラーリ 612 スカリエッティ シューティングブレーク

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/05/10/274919.html/article/2016/05/10/274918.html/article/2016/05/10/274920.html