米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

エコカー EV
テスラ モデル3
テスラ モデル3 全 1 枚 拡大写真
米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズ。同社が増産計画を、前倒しで実施する意向であることが分かった。

これは5月18日、テスラモーターズが米国証券取引委員会(SEC)に提出した書類から明らかになったもの。同社は、「年間生産台数50万台への引き上げ計画を、2018年末までに前倒しして実行する」と公表している。

当初、テスラモーターズは、年産50万台の目標達成時期を、2020年末としていた。今回、この計画を、2年前倒しすることに。

これは、3月末に発表した新型EVセダン、『モデル3』に対する顧客の反応が良好なことが大きい。5月15日時点での先行予約の総数は、およそ37万3000件に到達している。

テスラモーターズは、「モデル3の需要は非常に大きい。だからこそ、計画の前倒しを決定した」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV