【JNCAP2015】マツダ CX-3、ファイブスター賞を最高得点で受賞

自動車 テクノロジー 安全
マツダ CX-3
マツダ CX-3 全 2 枚 拡大写真
マツダは5月27日、軽量・高剛性の安全ボディ「SKYACTIV-BODY」を採用した『CX-3』が、2015年度JNCAP自動車アセスメントにおいて、同年度最高得点で新・安全性能総合評価ファイブスター賞を受賞したと発表した。

JNCAP自動車アセスメントにおける新・安全性能総合評価は、衝突時の乗員保護性能や歩行者保護性能などについて5段階評価を行う。今回、CX-3は2015年度受験の全銘柄、全クラス対象11車種の中で最高得点を獲得し、ファイブスター賞を受賞した。

マツダでは、2012度『CX-5』、2013年度『アテンザ』、2014年度『デミオ』および『アクセラ』が、いずれも好成績でファイブスター賞を受賞しており、マツダの「SKYACTIV-BODY」を採用したすべての新世代商品はクラスを問わず、高い安全性能を実現している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・アルファードが予防安全性能評価で満点を獲得
  • 日産 セレナ
  • 松山市民病院
  • 東芝の車載向け画像認識プロセッサー「Visconti 4」
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ