【JNCAP2015】新・安全性能総合評価、CX-3 や ステップワゴン など5車種がファイブスターを獲得

自動車 テクノロジー 安全
2015年度JNCAP自動車アセスメント 新・安全性能総合評価ファイブスター賞
2015年度JNCAP自動車アセスメント 新・安全性能総合評価ファイブスター賞 全 3 枚 拡大写真
国土交通省は5月27日、2015年度の自動車アセスメント(JNCAP)の評価結果を公表。新・安全性能総合評価でマツダ『CX-3』が最高得点188.2点を獲得した。

JNCAPは、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)による自動車の総合的な安全性能評価で1995年度より毎年公表している。乗員保護と歩行者保護を含めた「新・安全性能総合評価」については、軽自動車4車種、乗用車4車種、電気自動車等3車種の計11車種について試験を実施。CX-3のほか、トヨタ『シエンタ(SCA付)』(175.8点)、ホンダ『シャトル』(180.1点)『ジェイド』(178.2点)『ステップワゴン』(182.1点)の計5車種が最高のファイブスターを獲得した。

予防安全性能アセスメントでは、軽自動車11車種、乗用車19車種、電気自動車等13車種の計43車種について試験を実施。スズキ/マツダ『ハスラー/フレアクロスオーバー』、スバル『インプレッサ』『フォレスター』『レヴォーグ/WRX』『レガシィ』、トヨタ『カローラ アクシオ/カローラ フィールダー』『シエンタ』『ノア/ヴォクシー/エスクァイア』『プリウス』『ランドクルーザー』、ホンダ『ジェイド』『ステップワゴン』、レクサス『GS』『LX』『RX』の15車種が最高得点を獲得した。

チャイルドシートアセスメントは、乳児・幼児兼用チャイルドシート3製品、幼児専用チャイルドシート3製品を選び、前面衝突試験と使用性評価試験の2種類の試験を実施。前面衝突試験では、リーマン「ネディアップ」が、使用性評価試験ではカーメイト「エールベベ・クルット3i」が高い評価を得た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ アルファード/ヴェルファイア
  • トヨタ カローラスポーツ
  • 2017年の安全マネジメントセミナーの様子
  • マツダCX-8
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/05/28/275922.html/article/2016/05/28/275921.html/article/2016/05/28/275923.html