【ウェルフェア16】日産、電動昇降シート装備の ノート など福祉車両3台を出展

自動車 ビジネス 国内マーケット
オーテック ノート  アンシャンテ 助手席スライドアップシート
オーテック ノート アンシャンテ 助手席スライドアップシート 全 2 枚 拡大写真
日産自動車は、6月2日から4日までポートメッセなごやで開催される総合福祉展「ウェルフェア2016」に、ライフケアビークル(LV)を3台出展する。

日産自動車グループでは、顧客の様々な生活シーンで役に立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフケアビークル(LV)」と呼称し、個人ユースから施設での利用まで対応する、幅広いラインナップを取り揃えている。

今回はそのラインナップの中から、電動の昇降シートにより乗り降りをサポートする「ノート アンシャンテ助手席スライドアップシート」や福祉施設や病院で送迎用として活躍する「NV200バネット チェアキャブ 」など計3台を出展する。

展示ブースでは、駐車時などに上空から見下ろしたように把握できる「アラウンドビューモニター」など、日産の先進安全装備も紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フェアレディZ歴代と次期型プロトタイプ
  • フェアレディZプロトタイプほか1/4スケールモデルで全7台を展示中
  • 内田誠社長とフェアレディZプロトタイプ。背後の写真、人物は若き日の内田社長。
  • 日産フェアレディZプロトタイプ。インパネの文字が……。
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ