マグナ、メキシコ新工場を開業…外装部品を生産

自動車 ビジネス 企業動向
マグナインターナショナルのメキシコ新工場
マグナインターナショナルのメキシコ新工場 全 1 枚 拡大写真
カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー、マグナインターナショナル(以下、マグナ)は5月18日、メキシコに新工場を開業した。

今回、マグナが開業したメキシコ新工場は、メキシコのケレタロ州に位置。自動車用の外装部品を組み立てる最新工場となる。

マグナは新工場の建設に、およそ1億3500万ドルを投資。工場の面積は、29万スクエアフィート。稼働当初の1年で、およそ600名の雇用創出を見込む。

新工場からは世界の自動車メーカーに向けて、バンパーやロッカーパネルなど、塗装済みの外装部品の生産を行う。

マグナ・エクステリアのグラハム・ブロウ社長は、「この新工場から、我々の顧客を支援できる機会が生まれることは大きな喜び」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • マグナの次世代シートシステムのイメージ
  • 新型BMW Z4 の量産第一号車がラインオフしたマグナシュタイヤーのオーストリア・グラーツ工場
  • BMW Z4 新型の開発プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー
  • メルセデス AMG GT R ブラックシリーズ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/05/30/275986.html/article/2016/05/30/275985.html/article/2016/05/30/275987.html