コペン向けカスタム外装パネル エフェクトスキン、3Dプリンタで製作[動画]

自動車 ビジネス 国内マーケット
コペン向けカスタム外装パネル エフェクトスキン
コペン向けカスタム外装パネル エフェクトスキン 全 2 枚 拡大写真
ストラタシス・ジャパンは、3Dプリンティングを活用したダイハツ『コペン』向けカスタム外装パネル「エフェクトスキン」プロジェクトを紹介する動画を公開した。

今回ダイハツは、ストラタシスおよびツナグ デザインの根津孝太氏、3DクリエイターのSun Junjie氏と提携し、エフェクトスキンプロジェクトを開始した。同プロジェクトでは、コペンオーナーが、まず10通りのASA 3Dプリント樹脂カラーと15種類ベースパターンから好きなデザインを選択。Sun Junjie氏による3Dデザインは、パラメータを変更することで変化し、自分だけのデザインとしてカスタマイズ可能。オプションとして、車体カラーと同一の塗装を施すこともできる。

ダイハツ技術本部製品企画部の藤下修氏は、「かつて開発に2~3か月を要したものも2週間で制作できるようになった。3Dプリンティングによるオンデマンド生産がサプライチェーンの効率化にもたらすメリットは明らかだ」と述べている。

エフェクトスキンプロジェクトでは現在、フロントとリアのバンパー、フェンダー用のパーツを作製し、市販化に向けて準備が進められている。


《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • コペン GR SPORTのフロントビュー(オープン)
  • 軽のABC+C
  • ダイハツ コペン GRスポーツ
  • GRスープラ/GRパーツ by TRD
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ